MENU

NEO VCコーティング

NEO VCコーティングとは

NEO VCコーティング

NEO VCコーティング

DLCとは、ダイヤモンドライクカーボン膜の略称で、ダイヤモンドと似た特性を持つアモルファス構造の炭素膜です。高硬度による優れた耐摩耗性と低い摩擦係数を有した皮膜で、自動車部品、機械摺動部品、コンプレッサー部品、金型・治具類などに適用されています。当社は、UBMS法+PACVD法で成膜するDLC-P(a-C:H:水素含有アモルファスカーボン)、カソードアーク法で成膜するDLC-A(ta-C:テトラヘドラルアモルファスカーボン)、UBMS法で成膜するDLC-S(a-C:H:水素含有アモルファスカーボン)が成膜できます。また、膜中にSiを含有させたSi-DLCやWを含有させたW-DLCも成膜することができます。 多様なバリエーションのDLC膜で、自動車部品や機械摺動部品の低摩擦を実現し、耐摩耗性を向上させます。

NEO VCコーティングの特長

特長1処理温度は200~250℃の低温で可能です(浸炭焼入れ焼き戻し材、軸受鋼への成膜も可能)

特長2成膜可能な膜種は6種類、硬さのバリエーションが豊富です。(12GPa~70GPa)

特長3DLC-Aは、水素含まないDLC膜で、高硬度の皮膜(60~70GPa)です。オイル中の添加剤との相乗効果で低摩擦を発揮します。

特長4Si-DLCとW-DLCは、相手攻撃性が低く皮膜硬さも低いので、面圧が高くてDLC-Pなどではもたない摺動部品に適用可能です。

特長5Si-DLCは、大気中無潤滑下で0.1以下の低い摩擦係数を実現します。

特長6鉄鋼材料、超硬合金など電気伝導性のある材質に処理ができます。

NEO VCコーティング膜種一覧

 

商品名 DLC-P DLC-S DLC-A Si-DLC W-DLC(H) W-DLC(S)
膜種 a-C:H a-C:H ta-C a-C:H:Si a-C:H:W WC:H
成膜方法 PACVD UBMS カソードアーク PACVD UBMS UBMS
標準膜厚
(中間層含む)(μm)
2.5±1.0 2±1.0 1±0.5 2.5±1.0 2±1.0 2±1.0
被膜硬さ(Gpa)※1 20~24
(1800~2300Hv)
35~40
(3200~3700Hv)
60~70
(5500~6500Hv)
10~18
(900~1700Hv)
20~25
(1800~2300Hv)
8~15
(700~1400Hv)
表面粗さRa(μm)※2 0.05以下 0.05以下 0.15以下 0.02以下 0.02以下 0.02以下
"ロックウェル圧痕試験による
密着性評価(HF)※3"
HF2~3 HF2~3 HF1~2 HF3 HF2~3 HF1~2
スクラッチ試験による
臨界荷重値(N)
59 69 31 51 50 43
摩擦係数※4 0.1~0.2 0.1~0.2 0.1~0.2 0.05~0.1 0.1~0.2 0.1~0.2
耐摩耗性
相手攻撃性 ×
接触角(°) 74 69 80 - 67 59
処理温度(℃) 200~250 200以下 220以下 200~250 200~250 200~250

※1 ナノインデンテーション法で測定、基材SKH51
※2 基材SKH51、処理前の基材表面粗さは、Ra0.01以下にラップ加工した物を使用。
※3 ロックウェル硬さ試験機による圧痕試験評価。基材SKH51、独VDI3198規格に沿って評価した。数字の小さい方が密着性が良い。
※4 ボールオンディスク型摩擦摩耗試験による評価。試験条件、相手材φ6mmSUJ2ボール、大気中、無潤滑、試験荷重3N、摺動数10000回転

NEO VCコーティングの適用例

 


適用例一覧はこちら

DLC装置外観

イオン窒化(プラズマ窒化)装置

設備概要

処理帯:直径650mm×高さ850mm
ターンテーブル:12軸、φ128mm×H850mm/1軸
耐荷重:75kg/1軸、12軸で750㎏

加工受付窓口

NEO VCコーティングの受託加工は、以下の工場でお受けしております。
お問い合わせは下記よりお願いいたします。

 

相模原工場

名古屋工場

豊中工場

表面処理サービス

表面処理(受託加工)

目的別表面処理

PAGETOP

お気軽にご相談ください

お問い合わせは各工場ごとに
お願いいたします。

お問い合わせ

本社

〒252-0239

神奈川県相模原市中央区中央3-14-7

TEL.042-705-5850(代)

FAX.042-705-5851

相模原工場

〒252-0212

神奈川県相模原市中央区宮下3-10-14

【受託加工】
■高周波焼入れ・プラズマ窒化・ラジカル窒化・
 セラミックコーティング・DLC

【設備販売】
■高周波誘導加熱装置・イオン(プラズマ)窒化装置・ラジカル窒化装置・プラズマ浸炭装置・NEO Cコーティング(プラズマCVD)装置・DCプラズマドライブ

TEL.042-774-1233(代)

FAX.042-773-1674

名古屋工場

〒470-1101

愛知県豊明市沓掛町掛下12

【受託加工】
■高周波焼入れ

TEL:0562-92-1383(代)

FAX:0562-93-6631

■プラズマ窒化・ラジカル窒化

TEL:0562-92-8200

FAX:0562-92-0578

■セラミックコーティング

TEL:0562-92-8474

FAX:0562-92-0578

■DLC

TEL:0562-92-8566

【設備販売】
■高周波誘導加熱装置・イオン(プラズマ)窒化装置・ラジカル窒化装置・プラズマ浸炭装置・NEO Cコーティング(プラズマCVD)装置・DCプラズマドライブ

TEL:0562-92-1383(代)

FAX:0562-93-6631

大阪工場

〒532-0034

大阪府大阪市淀川区野中北1-2-56

【受託加工】
■高周波焼入れ

【設備販売】
■高周波誘導加熱装置・イオン(プラズマ)窒化装置・ラジカル窒化装置・プラズマ浸炭装置・NEO Cコーティング(プラズマCVD)装置・DCプラズマドライブ

TEL:06-6394-1971(代)

FAX:06-6394-0844

豊中工場

〒561-0845

大阪府豊中市利倉3-13-1

【受託加工】
■プラズマ窒化・ラジカル窒化・
 セラミックコーティング・DLC

TEL:06-6863-1700(代)

FAX:06-6863-1734

技術開発センター

〒252-0212

神奈川県相模原市中央区宮下3-10-6

TEL.042-774-1233(代)